初めてのiPod touch購入ブログ > 絶対に押さえたいiPod touchの購入ポイント > iPod touchの種類は?iPod touchの違いは世代(モデル)による価格と性能だけ

iPod touchの種類は?iPod touchの違いは世代(モデル)による価格と性能だけ

違いは価格と性能!iPod touchの種類は世代による差だけ

2014年6月、16GBモデルのiPod touch5に背面カメラが搭載された結果、iPod touch種類は、iPod touchの世代(モデル)による性能と価格の違いだけになりました。

iPod touchの種類は?iPod touchの違いは世代による価格と性能だけ

16GBのiPod touch5に背面カメラが搭載されるまで、iPod touchの種類を分ける決め手は「iSight(アイサイト)」と呼ばれる背面カメラした。

64GBと32GBのiPod touch5は背面カメラが搭載されていましたが、低価格に特化したエントリーモデルの16GBのiPod touch5は背面カメラが搭載されていなかったんです。

iPod touch5を選ぶときの決め手は、背面カメラだけでなく、容量やカラーをはじめ、いろいろな要素がありますが、iPod touch初心者の皆さんが「初めてのiPod touch」を選ぶとき、まず「背面カメラが必要かどうか」を考えると、スムーズに選ぶべきモデルが見えてきたんです。

ちなみに「iSight」と呼ばれる背面カメラは、料理や風景の写真を撮影するときに使うカメラです。いわゆる「携帯やスマホの裏側についているカメラ」ですね。

実は、背面カメラが搭載されていない16GBのiPod touchも液晶画面の上に前面カメラが搭載されているので「前面と背面」を分けているんです。

あ、そうだ。前面カメラは、ビデオ通話の「FaceTime(フェイスタイム)」を使うときに利用します。風景や料理の撮影に適したカメラとは言えませんが、FaceTimeで自分を映したり、旅行先の景色を見せてあげたりするだけなら、十分に使えますよ。

そんなこんなで、僕は「iPod touchのカメラでFacebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)にアップする写真を撮影したり、旅行先の思い出写真を撮ったりしたい場合は、64GBか32GBのiPod touch5を購入するといいよ」とおすすめしていました。

逆に「背面カメラはいらないよ。だって、スマホがあるもん。iPod touchはとにかく安く手に入れたいなあ」と考えている友人には「16GBのiPod touch5がいいかも。背面カメラ以外の性能は、64GBも32GBも16GBも同じだよ」とアドバイスしていました。

でも、すべてのiPod touch5に背面カメラが搭載されたことで、iPod touchの選び方はすごくシンプルになりましたね。iPod touchに関して言うと、予算と容量で決定すればOKです。

関連リンク

インターネットやメール、LineやTwitter、Facebookをはじめとする軽めのアプリ、音楽がメインのユーザーなら、容量が32GBのiPod touchで余裕があります。

そんなわけで、32GBのiPod touchを軸にしながら、ゲームや動画撮影をお考えの皆さんは64GB、ネットやメール、Lineが中心の皆さんは16GBのiPod touchを検討してみてはいかがでしょうか?

おしまいに、iPod touchを購入する場合は、できるだけ最新の世代(モデル)を購入したほうが得策です。最新のiOS(iPod touchを動かすためのソフトウェア)がきちんとサポートされ、アプリの対応もスムーズなので、結果的に長く使えますよ。

公式サイト
初めてのiPod touch購入ブログ > 絶対に押さえたいiPod touchの購入ポイント > iPod touchの種類は?iPod touchの違いは世代(モデル)による価格と性能だけ